お役立ち情報

チャコペンの代用にフリクションを使う利点と注意点

2007年に日本発売されて以来、愛され続けている筆記用具「こすると消えるフリクション」実際に、日常の中で使っている方も多いのではないでしょうか。

しろくろ
しろくろ
ちなみに、私もその一人です

そんなフリクションペンですが、本来の目的である文字を書く筆記具としての用途だけではなくチャコペンの代用品として使われることがあるのをご存知でしたか?

この記事では「知らなかった」「本当に使って良いのか不安だった」もしくは「チャコペンが使い難いので代用品を探していた」などの方の為に、チャコペンの代用にフリクションを使う場合の利点や注意点を解説します。

そもそも何故代用品として使えるの?

そもそもフリクションが擦ると消えるのは、擦った時の摩擦熱でインクの色を消しているからです。

そして、この熱が必要というのがポイントで、大体60度以上になるとインクの色が消える為、ようするにアイロンを当てれば一発で色が消えます。

なので、後から水で洗って落とす、もしくは時間経過で自然に消える等、描いた後に消すことを前提としたチャコペンと似たようなことが出来るのです。

初心者ぴよ
初心者ぴよ
へぇ~!ぼく、チャコペンは持ってないけどフリクションなら沢山持ってるよ!だったら、新しくチャコペンは買わなくていいのかな!?
しろくろ
しろくろ
そこなんだけど、色々と理由があって100%おすすめ!って訳ではないので、これから説明する利点と注意点を読んでからしっかりと判断して頂けたらと思います

利点

チャコペンを使用していて、まだ消えて欲しくないうちに勝手に消えてしまった経験はありませんか?自然に消える~と書かれたチャコペンは大体の消える日数が表示されているのですが、結局は消えるまでの時間は気温や湿度、そもそもの素材などによって変化するため安定しません。

しろくろ
しろくろ
私は2~14日と書かれたものが半日経たずに消えたことがあります……

また、水で落とすチャコペンのほうには、アイロンをかけると落ちにくくなる、もしくは落ちなくなるという特性があります。なので、落とし残しがあることに気付かずアイロンをしてしまうと大変なことになります。

勿論、気を付けて絶対に見落としが無いようにする!ということが出来るのならば問題は無いでしょうが、大きい作品を作る場合などは気を付けていても見落としてしまいがちですよね。

この辺り、フリクションだと60度を越える状況下に制作中の作品が置かれるなんてことはそうそう無いので勝手には消えませんし、落とし残しも何もアイロンをかければインクの色は消えてくれるので管理がしやすいです。

更には、ペンのタイプカラーが豊富なのも利点のひとつでしょう。素材や布の色、勿論人によっても見やすい、もしくは落ち着く色は違うと思います。後は、割とどこでも買える、手芸店に行かなくても買えるというのも人によっては利点になりうると思います。

  • 勝手に消えないのに簡単に消せて管理がしやすい
  • カラーが豊富で生地や素材に合わせられる
  • どこでも買える

欠点・注意点

ここまでの説明を読むと、フリクションペンには良い点ばかり!チャコペンより使いやすそう!と思いますよね?

初心者ぴよ
初心者ぴよ
そうそう、寧ろチャコペンの不便さも目立つしね

ですが、フリクションペンには唯一にして最大の欠点があります。それは、熱で消えたインクの色は見えなくなっているだけで、本当にインク自体が落ちている訳ではないということです。透明になっているだけなんですよ。

そして、先程はフリクションのインクの色が見えなくなるのは60度以上の熱を加えた場合という話をしましたが……

逆にマイナス10度になると色が戻り始め、マイナス20度になると元の色になります。つまり、寒冷地で使用する可能性がある場合は使わない方が良いということですね。

しろくろ
しろくろ
完成品を自分で管理できない場合もやめておきましょう。具体的には、ハンドメイド作品として売りに出す場合などですね、お客様の手元で色が戻ってしまったら大問題です
  • インク自体が消えてなくなっているのではなく、透明になっているだけ
  • -10℃以下から色が戻り始めてしまうので、寒冷地には不向き
  • 上記の理由から、自分用でなければ避けるのが無難

実際の使用例

丁度、最近がっつりフリクションペンをチャコペンの代わりに使う機会があったので写真と共にご紹介します。

グリッド線

クロスステッチの全面刺しをする為にフリクションペンでグリッド線を引いたものです。

基本的にクロスステッチの全面刺しは完成までに数ヶ月~大作になると数年単位でかかりますので、数日で自然に消えるものは使用出来ないのは勿論、水で消えるタイプのものでも手汗で落ちたり、逆に年月が経過しすぎて落ちにくくなるなんてアクシデントも考えられるので正直代用も何もフリクションが最適だと私は思っています。この場合は、万が一消えてしまっても線が復活させられることも寧ろ利点になります。

しろくろ
しろくろ
私の場合は他に、刺し子の図案を晒に書く時なんかにも利用しています。クロスステッチのグリッド線用ならボールペンタイプのもの、刺し子用ならフリクションカラーズというカラーペンタイプのものが使いやすくおすすめです!

まとめ

  • 基本的には代用品として使える
  • 目的によってはチャコペンより良い場合も多くある
  • ただしインクは消えて無くなるのではなく透明になっているだけ
  • 寒冷地には不向き。理由は色が復活する為
  • ハンドメイド作品として売り物にする場合などはNG
初心者ぴよ
初心者ぴよ
つまり、自分用ってことならガンガン使って大丈夫そうだね!
しろくろ
しろくろ
ただし、フリクションを使うにしろ本来のチャコペンを使うにしろ布との相性は無視できないから、必ず作品に使用する前に、その使用する布の端っこ等で問題が出ないかどうか確認するのは大事です!

自分用としてはとても便利なフリクション。上手く使って様々な手芸を楽しんでいきましょう!