刺し子・こぎん刺し

簡単に手で巻ける!刺し子糸の巻き方

刺し子糸を使うには、大抵の場合購入時の状態からひと手間かける必要があります。

準備が簡単なのはかせの1箇所を切って使う方法ですが、やはり毎回好きな長さで糸が取れたり、収納が簡単だったりと実際に使い易いのは刺し子糸を巻いて使っていく方法だと思います。

しろくろ
しろくろ
個人的には収納面が特に大きな利点に感じますね。それと、見た目もかわいいのでテンションがあがります!
初心者ぴよ
初心者ぴよ
確かに見た目がいいとやる気が出そう!

なので、今回はこの刺し子糸の簡単な巻き方について説明していきたいと思います。

刺し子糸を巻いて使いたいと考えていた方や、そもそも根本的に刺し子糸の使い方がわからないという初心者さんは、よければ是非参考にして下さい。

刺し子糸は手で巻ける

初心者ぴよ
初心者ぴよ
でも、糸を巻くのって専用の糸巻き機とかが必要なんじゃないの?まだこれから始めるってところに、いきなりそんなの買えないよ
しろくろ
しろくろ
それがねぇ、実は細い棒状のものさえあれば自分の手で巻けるんだよね。私はその辺にあるペンを使ってるよ
初心者ぴよ
初心者ぴよ
えっ、そうなの!?……でも、それって難しいんじゃない?
しろくろ
しろくろ
私も最初はそう思ったんだけど、やってみると案外簡単だから多少不器用でもなんとかなるよ(自己紹介)
初心者ぴよ
初心者ぴよ
へぇ~!

ペンなど棒状のものがあれば、刺し子糸は簡単に手で巻ける!

実際の刺し子糸の巻き方

しろくろ
しろくろ
では、ここからは実際に巻いて行く様子を写真と共に解説して行きますね

今回巻いたのはこちらの刺し子糸。

刺し子糸
しろくろ
しろくろ
ちなみに、こちらはトーカイグループのオリジナル刺し子糸です

まず、紙を外して糸を広げます。

刺し子糸

糸端が一ヶ所に纏められているので、そこを探して、結び目を解くなり切るなりして糸端を取り出します。

ここはメーカーさんによって止め方などが違いますが、今回は別糸と一緒に結んであったので結び目を切って取り出しました。

糸端糸端

糸端を取り出せたら、二本ある片方(どちらでも可)を細い棒状のものにマスキングテープでもセロハンテープでも何でも良いので、こんな感じで貼り付けてしまいます。

しろくろ
しろくろ
ちなみにこれはフリクションカラーズです。こういったペン類を使用する場合は、キャップ側ではなくペン尻のほうを使ってくださいね!

ここまで出来たら、糸を巻き始めます。

このとき、元の輪っか状になっている糸は、輪の形をキープしておきます。何かしっかりとしたものに引っ掛けても良いですが、私は椅子に座って自分の両脚の膝にかけてやっています。

そして、まずは普通に棒に沿って巻き始めて……

糸を巻き始めた様子

段々と角度を変えて巻いて丸を目指します。

ペンを外す段階までは当然完全な丸にはならないので、なんとなくで大丈夫です。

刺し子糸を巻いている様子

手で持てそうな大きさになったところで、糸端を止めていたテープを剥がし、棒(この場合はペン)も抜いてしまいます。

とりあえず下の画像くらいあれば大丈夫ですし、不安ならもう少し多く巻いてもOKです。

糸巻き
しろくろ
しろくろ
このとき、ちょっとぐにゃりと歪んでしまったりしても全然巻いてるうちに修正は利くのでお気になさらず!

ここまで出来たら、先程テープで止めていた糸端が隠れてしまわないように気をつけながら、後はぐるぐると丸になるように巻いて行くだけです。

初めは棒を抜いて空いている穴を隠すように巻くなど、丸として糸が足りない部分を見つけて巻いて行くうちに自然と形が安定していきます。安定したら深く気にせずランダムに巻いて行って、また偏って糸の少ない部分が出て来たらそこを重点的に巻いて……と言う感じです。

しろくろ
しろくろ
言葉で書くと難しそうに感じるかも知れませんが、やってみるとこれ本当に案外簡単なんですよ……
初心者ぴよ
初心者ぴよ
やってみなきゃわからないってやつだね

これを続けて行くと、最終的にこんな感じになります。

刺し子糸の巻き終わり

最後に初めに残した方ではなく、巻いて行ったほうの糸端を針などで球体の中に押し込むように絡ませて完成です。

刺し子糸の巻き終わり
しろくろ
しろくろ
今回は40mと刺し子糸が短い&細いので小さな糸玉になりましたが、もっと長いものでも要領は同じです!

巻いた糸の取り出し方

残っているほうの糸端(巻くときにテープで止めていたほう)を引いて取り出して使って行きます。外側ではなく中から使って行く感じですね。

糸巻きのポイントまとめ

  • まずはペンなどの棒状のものに角度を変えて巻いて行く
  • 手でも持ちやすい大きさまで巻いたら棒を外して丸を目指す
  • 巻き終わったら巻いていたほうの糸端を中に押し込んで完成
  • 作った糸玉は中から使える
しろくろ
しろくろ
くどいようですが、一度やってみると適当でも上手く行くくらいには簡単です。ぱっと見の印象で難しそう!と思わず、こうして刺し子糸を使いたい&管理したいと思っている方は、是非試してみてください